メリットだらけ?病院内保育のすべてがココでわかる!

病院内保育の知れば知るほど働きたくなる数々の魅力

Childminder

メリットだらけ?病院内保育のすべてがココでわかる!

女性と子供

一人にかかる業務の負担が軽い

一般的な保育園の場合、大勢の子供を2.3人の保育士がみるので、一人ひとりにかかる負担は相当なものです。子供たちは大人に比べてパワーがみなぎっているため、圧倒されることが多くあるでしょう。体力的にも肉体的にも強くなければならないため、続かない人の方が多いのは仕方のないことです。さらに、遠足や保育参観日、夏祭り、お泊りといった数多くのイベントが待ち構えているので、保育士は休む暇もありません。ただ、一般的な保育園で働くことが必ずしも悪いことではありません。やりがいを感じるのは確かですし、仕事をこなす過程で自分自身の成長になることもあるのです。一方で、病院内保育は医師や看護師の子供を預かるので、小規模保育となります。保育士一人に対し、子供は一人か二人程度でしょう。大がかりなイベントがなく、自宅に持ち帰って行なう仕事がないのも魅力的です。どちらも良さがあるので、病院内保育で働くか、一般的な保育園で働くか迷った際の参考にしましょう。

人間関係に悩まない

大規模保育園と違い、病院内保育は少ない人数で業務を行なうので人間関係に悩まされることが少なくなります。保育士同士も仲が良く、世間話をしながらできる点はとてもいい環境だといえ、保育士によくあるストレスというものは一切感じられません。たまに一人の時もありますが、その時は自分のペースで保育ができるでしょう。何かあっても、医師や看護師が近くにいるので、すぐに連絡がつきます。

手当が支給される

病院内保育の場合、医師や看護師のスケジュールに合わせて夜勤も出勤することがあります。この場合、別途で夜勤手当が支給されるので、一般的な保育園よりも給与が高くなります。24時間365日稼働する病院での保育なので変則的にはなりますが、融通が利くところだと、自身のライフスタイルに沿ってシフトが組めると好評です。子供の面倒をみながら仕事がしたい人や、アルバイトで保育の現場を気軽に体験したい人、また、今のライフスタイルを維持しつつ上手に働きたいという方は病院内保育への転職を考えてみましょう。